ホーム | ブログトップ | サイトマップ
 

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


「共に戦うブログ」はモバイルからも閲覧可能です。


八咫烏の棲む聖地へ@南紀白浜から熊野
昨日の“熊野詣”のレポート……と、その前に。

f0102665_14305140.jpg

リゾート地・南紀白浜ですがすがしい朝を迎えた我々は、散歩へと出掛けました。もちろんユースケとユキはビッグジャージーを持っていくことを忘れてはいません。
そしてドアの修理を終えたjaVanが、明け方には大阪を出発し、こちらへ向かっているはず……。





まず足を運んだのは漁船が停泊する桟橋。ユースケとユキの狙いは漁師さんです。
でもまったく人の気配なし。諦めかけて帰ろうとしたところ……一艘の漁船に、漁師さんの姿を発見! 大声で「すいませーん!」と呼び掛け、メッセージをお願いしました。
f0102665_14313757.jpg
「今日は風が強いから漁は休みなんだ。あんたたち、運がいいねぇ」。

そして南紀白浜といえば温泉です。阪神タイガース・今岡誠選手のアドバイス(4/18付「憧れのスタープレーヤーと対面!」参照)に従って、ここは温泉で旅の疲れを癒すことに。海岸線に面した公共の露天風呂「崎の湯」に行ってみました。
f0102665_1432520.jpg
またまた自作の歌を口ずさむユースケ。波しぶきをバックに、もはや演歌の世界。

そこにひとりのお客さんが入ってきました。ユースケが慌ててロッカーへ戻るので、どうしたのかと思いきや……手にしているのはビッグジャージーとマジック!
なんと入浴中の方にメッセージを書いてもらうというのです。そして……
f0102665_14322986.jpg
書いてもらっちゃいました。
「裸でメッセージをお願いするなんて予想もしなかったッス」とユースケ。僕だって裸で写真を撮るなんて予想もしなかったよ……。

しかしこれは朝から大収穫。ユースケもユキも上機嫌でホテルへ戻ると、駐車場にjaVanが!
大阪のjaVan専属メカニックが我々のために夜を徹して修理。わざわざ南紀白浜まで届けてくれました。このお礼はいつかせねば……。


そして昨日レポートした通り和歌山県田辺市にある熊野本宮大社(本宮)へ。ここは世界遺産に登録されている熊野三山(本宮・速玉・那智)の中心的存在で、全国に3000以上ある熊野神社の総本宮。そしてサッカー日本代表ともゆかりの深い神社です。

サッカー日本代表ジャージーの胸元を飾るのが、日本サッカー協会のエンブレム。そこには3本足の鳥があしらわれています。これは八咫烏(やたがらす)といい、神武天皇を熊野から橿原(奈良県)まで導いたとされる伝説の鳥です。
その故事が残る熊野は、日本に初めて近代サッカーを紹介した中村覚之助氏の出身地。そこで氏に敬意を表し、エンブレムに八咫烏をデザインしたのです。また神武天皇の故事に習い、「ボールをゴールへ導くように」との願いも込めたといわれます。
さらに本宮と日本サッカー協会とのつながりも深く、今月末には長沼健最高顧問や釜本邦茂副会長がワールドカップの必勝祈願に訪れるそうです。
そんなわけで我々も「これはお参りしなくては!」と、はるばるやってきたのでした。


本宮に到着早々、ビッグジャージーを持参して境内へ。宮司の九鬼家隆さんにご挨拶し、メッセージをお願いしました。
f0102665_1433655.jpg
メッセージは「帆を揚げて勝」。ありがたい御朱印もいただきました。

さらに境内で観光客や本宮の方々にもメッセージを書いてもらいました。
f0102665_14332938.jpg
もちろん巫女さんにも。


f0102665_14402275.jpg本宮参拝で僕が密かに楽しみにしていたのがこれ、日本サッカー協会のエンブレムをあしらった、その名も「サッカー守」。もちろんゲットしました。
さらにこれを1名様にプレゼント!(少ないっていわないでください、自腹なんだから……) 右下の「comments」をクリックして、コメント欄にあなたのメールアドレスと、全角40文字以内でサッカー日本代表への応援メッセージを入力して投稿してください。厳正な審査により(?)、僕がもっとも感動した応援メッセージを書いた方にさしあげます。
もちろんここで集まったメッセージもドイツへお届けします!


※なお書き込んだコメントの内容は公開されます。メールアドレスを公開したくないという方は、左下の「非公開コメント」をオンにしてください(詳しいヘルプはこちら)。

本宮はさわやかな空気に包まれ、我々もついつい長居をしてしまいました。
帰り際には、宮司さんから八咫烏のストラップや紀州名産の梅干し、さらに「長旅で疲れてるでしょ」とチョコレートまで渡され、ユースケとユキも思わず感激。
由緒ある神社とあって、訪れる前は少し緊張気味の2人でしたが、「遠かったけど、やっぱり来てよかった!」と熊野を後にしました。

でも……。本当に遠かったのは、熊野からの帰り道!
名古屋までの所要時間はなんと5時間。ジャージードライバー・マサタカもさすがに途中で「休ませて!」とギブアップ宣言。ユースケと交代でなんとかたどり着きました。


そして今日は、ユースケとユキが名古屋の中心街・栄で活動中。
すでに11時からはデパート「LACHIC (ラシック)」でジャイアントジャージーを広げています(18時まで)。さらに14時からは「アディダス パフォーマンスセンター名古屋」の店頭でも、ビッグジャージーにメッセージを集めています(16時まで)。今、ユースケと僕はパフォーマンスセンターの方にいますが、ビッグジャージーのまわりはとにかくすごい人・人・人。

名古屋、熱いです!

まだ間に合うという方は、ぜひメッセージを書きに来てください!!



インターネット上でもサッカー日本代表へ応援メッセージを送ることができます。
ぜひこちらからアクセスしてみてください。
お寄せいただいた応援メッセージは、ドイツで戦うサッカー日本代表へお届けします!

by tomonitatakau | 2006-04-21 14:56 | 熊野 | Trackback(2) | Comments(11)
トラックバックURL : http://tomonitatakau.exblog.jp/tb/1864850
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 防災と防犯とTシャツ at 2006-04-22 13:03
タイトル : サポートの醍醐味
サッカーW杯、日本で応援 中田選手がカフェを開設 青山学院のはす向かいで ワールドワイドに触れ合いながら テーブルの下でボールを回す。【日本に居ながらドイツの興奮を味わうことができる−。6-7月に開かれるサッカーのワールドカップ(W杯)に合わせ、サポーターが集う場として中田英寿選手が企画した「nakata.net cafe(ナカタドットネット カフェ)」が25日、東京・北青山にオープンする。営業は7月16日まで。  欧州には、サッカーの地元チームを応援するため、サポーターが集まってサッカー...... more
Tracked from 神奈川県 鎌倉市藤沢市 .. at 2006-05-22 14:27
タイトル : 鎌倉朝比奈切通しと熊野神社
鎌倉市は天然の要害です。いまでこそ、鎌倉市に通じる道路がいくつかありますが、山越えの道とか、本数が少ない、それなのに鎌倉市周辺へ車でドライブや観光に来る方が多いので休日はよく渋滞します。... more
Commented at 2006-04-21 15:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2006-04-21 17:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2006-04-21 19:57 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2006-04-21 22:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2006-04-21 23:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2006-04-23 18:17
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2006-04-23 23:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2006-04-24 01:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2006-04-24 12:57 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2006-04-26 23:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by こんな女初めてだよ! at 2010-02-28 06:42 x
昨日ヤった子めちゃくちゃ工ロかったぜぇぇぇ!!
まさか自分でお★んこ広げておねだりしてくるとは思わなかったよ・・・
ガマンできなくて一気にぶち込んだら、マソ汁垂れ流してよがり狂ってましたぞ(笑)
ttp://pan.wantsuu.com/c3m9o5x/
<< ピカピカのジャージー、そして…... 旅は道連れ、世は情け@奈良から... >>

Copyright © 1997-2007 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム