ホーム | ブログトップ | サイトマップ
 

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


「共に戦うブログ」はモバイルからも閲覧可能です。


カテゴリ:横浜( 3 )
【最終回】ジャイアントジャージーよ永遠に!
もうすぐ10月。あの熱戦の日々から、はや3か月が経ちました。2010年に向けた新生サッカー日本代表も始動し、ワールドカップはすっかり遠い昔の出来事となってしまいましたが……。

我々には大きな課題が残っていました。それは

「ジャイアントジャージーをどうするか」

です。ドイツではユースケやユキとさまざまなプランを考えました。どこかに埋めて、日本がワールドカップで優勝したら掘り返そうという「タイムカプセル計画」などは、ロマンがあっていいなぁ……と個人的には思っていたのですが。結局結論が出ないままズルズルと時は過ぎてしまいました。

そこにあるサッカーファンから耳よりな情報がもたらされました。横浜に通称「サッカー神社」があるというのです。
早速調べると、そこは師岡熊野神社。4月に我々一行が参拝した和歌山県・熊野本宮の分社でした。開かれたのは神亀元年(724年)といわれ、1200年以上の歴史があります。
熊野本宮とサッカーのつながりについては、熊野本宮参拝の記事で紹介しました。ここ師岡熊野神社もその流れをくんで、サッカー選手をはじめとする多くのプロスポーツ選手が必勝祈願に訪れるそうです。

というわけで、師岡熊野神社にジャイアントジャージー奉納をご相談したところ、「喜んでお受けします」との返事が!
そこでユースケ・ユキと奉納に行くことにしたのですが……。なんとユースケがまったく音信不通。風の噂によると、気が早い(そしてお金がない)ユースケは、次のワールドカップの開催地・南アフリカへ向かうため、東京湾で貨物船に乗り込んだとか乗り込まなかったとか。
そこで“助っ人”として、現在ジャイアントジャージーを管理してくれているアディダスジャパンのマコトさんが来てくれました。

f0102665_2145666.jpg
師岡熊野神社に到着! 長い石段を36.5kgのジャイアントジャージーを抱えて登ります!!

f0102665_21452031.jpg
本殿内には日本サッカー協会のエンブレムが入った巨大絵馬が飾られていました。ワールドカップ・ドイツ大会に出場した23選手+ジーコ監督の直筆サイン入りです。
そのすぐ前にジャイアントジャージーを飾らせていただくことになりました。

f0102665_21453486.jpg
全開はとても無理なので、エンブレム周辺を飾ろうということになりましたが……。宮司さんにもお手伝いいただいて広げていくものの、一向にエンブレムが現れず。ユキとマコトさんは「もっと下だ」「いや右だ」といいながら、ぐしゃぐしゃになったジャイアントジャージーと格闘していました。
ちなみに今回奉納したのは2枚あるジャイアントジャージーのうち、オーストラリア戦・ブラジル戦の試合前にスタンドで掲げた方。皆さんがテレビや新聞でご覧になったであろう、あのジャイアントジャージーです。

f0102665_21454814.jpg
やっとの思いでエンブレム発見。その他の部分を下に折り畳んで、このように飾らせていただきました。しばらくはこのまま展示される予定です。
なお本殿では結婚式などが行われていますので、土・日・祝日などは見学できない場合があります。「どうしても見たい!」という方は、事前に電話(045-531-0150)で確認したほうがよいかもしれません。宮司さんによると、平日であれば大抵はすぐに見学できるそうです。


というわけで奉納は無事終了。……あれ、もう片方は?

そう、ジャイアントジャージーはもう1枚あるのです。こちらはまだアディダスジャパンが保管中です。
いつか再び日本全国を回り、メッセージを書いてくださったおよそ6万人の皆さんと“再会”が果たせたら……。ちょっと夢のような話ですが、そんなことができたらいいと考えています。

「共に戦うプロジェクト」では日本、そしてドイツでおよそ6万人の方々からメッセージを集めることができました。皆さんとの出会いを通じて、我々もサポーターとして、またひとりの人間として、大きく成長することができました。
我々の“任務”はこれでひとまず終了しましたが、サッカー日本代表はこの世にサッカーがある限り戦い続けます。2010年に再結成……なんてことになったらおもしろいんですが、4年後のことはさすがにわかりません。
ユースケとユキはドイツで「ジャージーおじさん・ジャージーおばさんになっても、こうやってワールドカップを応援しに行けたらいいなぁ」と話していました。彼らも、そして僕も、かたちはどうであれ「共に戦うプロジェクト」で経験した出会い・感動・悔しさを胸に、これからもサッカーを愛し、代表選手たちを応援していくはずです。

メッセージを書いてくださった皆さま、そしてこれまで「共に戦うブログ」をご愛読くださった皆さま、本当にありがとうございました。またどこかのスタジアムでお会いしましょう!


「共に戦うプロジェクト」ジャージーレポーター・タカシより
by tomonitatakau | 2006-09-20 21:46 | 横浜 | Trackback | Comments(33)
荒川静香さんからの力強いメッセージ@新横浜
先日は国立競技場での「GOAL!」JAPANプレミアの様子をお伝えしましたが、その前にユキと僕はトリノ五輪・女子フィギュアスケートで金メダルに輝いた荒川静香さんを訪ねていました。順序が逆になってしまいましたが、その様子をお伝えいたします!


我々が訪れたのは新横浜プリンスホテルスケートセンター。この日、荒川さんはテレビのワールドカップ特別番組に出演。そのリハーサル中にお時間をいただき、ジャイアントジャージー(1枚目)にメッセージを書いていただくことになっていました。荒川さんの大ファンというユキは、いつになく緊張気味……。

そこに荒川さん登場!
一瞬にして周囲の空気が変わるほどのオーラを感じました。さすが銀盤の女王!!

f0102665_11221520.jpg
コートを脱いだ荒川さん、下に着ていたのは代表ジャージー! 早速マジックを手に、メッセージをサラサラ……。

f0102665_11222734.jpg
いただいたメッセージは「トリノ・WBCに続け!! CHAMPION!!!」

f0102665_11223916.jpg
力強いメッセージに勢いづいたのかユキ、荒川さんを前にイナバウアーを披露……
ではなく、「こちらにも……」と着ていたジャージーの裾にサインをお願いしました。いやはや、前日の中村俊輔選手ですっかり味をしめてしまったようです……。

f0102665_11225148.jpg
最後にお約束の記念撮影。ユキが図々しくも「+10ポーズ」をお願いすると……荒川さんはなんと「こうですか?」。ばっちり決めてくださいました! クールビューティー!!


その頃、ユースケは東京のアディダス・ジャパン本社にいました。
前日ドイツ行きの切符を手にした中田浩二選手がやってくるということで、ジャイアントジャージー(2枚目)を持参。応援メッセージ……ではなく目標を書いていただきました。

……と聞いているのですが、写真がまだ僕のもとになく……。
写真が届き次第、こちらもご報告できると思います!


しかし東京はもう梅雨?といった空模様の毎日です。僕は昨日、私用で札幌に行きましたが、こちらは対照的にからりと晴れて夏の陽気でした。
6月のドイツは、どんな気候なのでしょうか。ドイツに行ったことがある方、あるいは今住んでいるという方からの情報をお待ちしております(コメント欄にお願いします!)。もちろんサッカーやワールドカップに関する話題も大歓迎です! あ、そうそうグルメや観光の情報も……。


インターネット上でもサッカー日本代表へ応援メッセージを送ることができます。
ぜひこちらからアクセスしてみてください。
お寄せいただいた応援メッセージは、ドイツで戦うサッカー日本代表へお届けします!

by tomonitatakau | 2006-05-19 11:26 | 横浜 | Trackback | Comments(3)
記念すべき日に、中村俊輔選手と感激の対面!@横浜
昨日の午後2時、ドイツで戦うサッカー日本代表メンバー23名がついに発表されました!

その様子を、我々は横浜そごう屋上にあるフットサルコート「Shunsuke Park」で見届けました。そしてメンバーに選ばれたばかりの中村俊輔選手とお会いすることができました!!
今日はその様子をお届けします。


我々が「Shunsuke Park」に到着したのは、メンバー発表のほんの数分前。ここではメンバーに選ばれるであろう中村俊輔選手の記者会見が予定されていました。一角に置かれたテレビに大勢の関係者や報道陣が集まり、発表の様子を固唾を呑んで見守っていると……

ジーコ監督から「ナカムラ!」の声が!

その瞬間、一斉に拍手が沸き起こりました。2002年には期待をされながら涙を呑んだ中村選手だけに、その場にいた誰もが拍手とともに安堵の表情を浮かべていました。


やがて会場に中村選手が登場! テレビの生中継が行われた後、記者会見が行われました。
f0102665_2252346.jpg
会見は2回に分けて行われましたが、それでもご覧のような記者・カメラマンの数!(つまりこれで半分……) 中村選手への注目度と期待の高さがうかがえます。
その頃、ユースケとユキはというと、会場の一角にジャイアントジャージーを設置。会見終了後、中村選手に抱負を書いていただくためです。


そして会見が終了。ユースケとユキが中村選手を“お迎え”にあがりました。僕もジャイアントジャージーへやってくる中村選手をカメラに収めようと、レンズを向けましたが……
f0102665_2255141.jpg
「あーっ!」。中村選手が僕を指しているじゃないですか! どこかでお会いしましたっけ? ……そんなわけありません。僕の背後にあるジャイアントジャージーを指していたのでしょうが、一瞬ドキッとしました。

f0102665_2261071.jpg
ジャイアントジャージーを前に、あたりをキョロキョロする中村選手。苦笑いしながら、何を書くか随分迷っていました。
それもそのはず、ほんの2時間前まではメンバー発表を待つ身だったのです。マジックを持ちながら、この4年間の出来事がいろいろと頭をよぎっていたはずです。

f0102665_2264585.jpg
しばらくして笑顔が消え、真剣な表情でマジックを走らせました。

f0102665_2294548.jpg
悩み抜いた末に書いたメッセージは「FKを決めて勝つ!」
そうです! その一言を我々は待っていました!!


そんなこんなで1時間以上に及ぶ記者会見とセレモニーが終了。我々も撤収……の予定でした。ところがなんと「Shunsuke Park」のクラブハウスで中村選手とお話しできることに!
f0102665_2295991.jpg
クラブハウスへ入ると、記者会見での緊張した表情が嘘のように、リラックスした中村選手が待っていました。
しかも中村選手、我々の旅に興味津々のようです。「沖縄までフェリーで27時間!?」「ずっと車で移動ですか!?」「えーっ! その車でドイツも行くの!?」とひとつひとつのエピソードに驚き、笑顔を絶やしませんでした。
それもそのはず。なんと中村選手の奥さまは、横浜「JACK MALL」でジャイアントジャージーにメッセージを書いたというのです! 秘かに(?)我々のことをチェックしていたんですね……。これで中村選手がジャイアントジャージーを見て驚いたのにも納得です。

f0102665_221015100.jpg
「応援メッセージを集めてくれているお礼」と、中村選手はユースケとユキが着ていたジャージーにサイン! あ、僕も書いていただきました……。えへへ。

f0102665_22102732.jpg
さらに中村選手はユキの「+10ネイル」が気になった様子。ユキは「伸びてきちゃって根本が白いんですけど(笑)。ドイツに行く前にまた塗り直します!」。
そうだ、今度のモチーフは中村選手の新しいスパイクだ! なんと横には富士山、中には桜の花びらが描かれているそうです。中村選手も「見えないところまで凝ってるんですよ。早く試合で履きたいなぁ」。すでに決戦の日が待ち遠しい様子でした。

f0102665_22103939.jpg
最後に記念撮影。「ドイツで応援します!」「頑張ります!」と固い握手を交わしました。
そして中村選手は僕にも右手を差し出してくれました。とても力のこもった、4年分の決意が感じられる握手でした。


中村選手といえば冷静沈着なイメージがありましたが、直接お話しをさせていただき、明るい素顔に触れることができました。そして何より魅力的だったのが、スーパースターでありながら、気さくで飾らないところ。
4年前の悔しさをドイツでぶつけてほしい……。そんな想いからユースケやユキ、僕も中村選手に期待していましたが、昨日の対面でさらに熱いものを感じました。

黄金の左足は、きっとドイツの空を切り裂いてくれるはず!



今日はユースケがやはり23名のメンバーに選ばれた中田浩二選手に、ユキと僕はトリノ五輪の金メダリスト・荒川静香さんに、それぞれお会いしてきました。
その後、国立競技場で合流。話題の映画『GOAL!』のプレミア試写会で、ちょっとした“演出”をしてきました。
この模様も追ってご報告いたします!(毎度毎度遅れ気味でごめんなさい!!)


インターネット上でもサッカー日本代表へ応援メッセージを送ることができます。
ぜひこちらからアクセスしてみてください。
お寄せいただいた応援メッセージは、ドイツで戦うサッカー日本代表へお届けします!

by tomonitatakau | 2006-05-16 22:20 | 横浜 | Trackback(5) | Comments(0)

Copyright © 1997-2007 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム