ホーム | ブログトップ | サイトマップ
 


以前の記事
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
最新のトラックバック
日本代表の敗因で【後編・..
from ガンバボーイ2号のGuerr..
リフティング
from toshio10
決勝トーナメント
from Fantasistaの日記
お疲れ様でした。
from PSYQUEST
『万物は流転する』
from 熱血かサバサバなレジスタのブログ
やったね、クローゼ!
from ルール地方からの便り
〜ドイツから 第2弾〜
from 「黙ってられないワールドカッ..
W杯(ワールドカップ)広..
from 東京のある風景@hanagi
6/22フットボール道場..
from フットボール道場blog b..
クロワチア戦
from Fantasistaの日記
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

「共に戦うブログ」はモバイルからも閲覧可能です。


<   2006年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧
世界一のあの選手を直撃!@お台場&千葉
またまた東京・お台場のフジテレビから更新です。
今日も引き続き「お台場学園」でジャイアントジャージーの一部を広げていますが、さすがGW恒例の人気イベント。とにかくすごい人出です!
今日も開始から3時間半で、すでに900人を突破しました。

f0102665_1320415.jpg
1F池広場にある「共に戦うプロジェクト」のコーナー。看板にはこれまでjaVanがたどってきたルートが。総走行距離はなんと5,428km!

f0102665_13213075.jpg
「+10ハンドマイク」で来場者にメッセージを呼び掛けるユースケ。もはやマイクパフォーマンスはお手のもの。きっと実演販売をやったら成功するだろうなぁ……。

f0102665_13222048.jpg
渋谷の美容室でスリーストライプスの剃り込みを入れたユースケに対抗し、ユキはネイルアートをばっちり決めてきました。+10マークやジャージーに描かれている波紋、スリーストライプス、日の丸などが描かれています。しかもすべて自作!
実は神戸からネイルアートを施していましたが、何度描いてもジャイアントジャージーの設置や撤収ですぐボロボロに……。
でもついに本人から「ブログに載せてもいいよ」と許可がおりました!


ところで昨日のお台場では、ちょっとしたメモリアルが。
実は札幌までで集まったメッセージは9,218人分。順調にいけばこの日のうちに1万人を突破するのです。せっかくだから1万人目には何かプレゼントをしたい……。そう考えて用意したのが、サッカー日本代表のジャージーです。

f0102665_13241659.jpg


でもただのジャージーじゃありません。選手が実際に試合で着用する“オーセンティック”と呼ばれるタイプ(びっくりするほど軽い!)。しかも宮本恒靖選手・中村俊輔選手・中田浩二選手の直筆サイン入りです!!





さて、1万人目はどんな人で、どんなメッセージを書いてくれるんだろう……。僕も楽しみでしたが、午後は他にどうしても取材しなければならない出来事が。
それが昨日書いた「千葉ロッテマリーンズ・西岡剛選手にメッセージを書いてもらうこと」です。1万人突破の取材をイベントスタッフにお願いし、僕はユキとともに千葉マリンスタジアムへ向かいました。

西岡選手といえば昨年はパ・リーグ盗塁王を獲得し、チームの日本一に貢献。さらに今年のワールドベースボールクラシックでは、2番・セカンドとして走攻守に活躍をみせました。
そんな世界一に輝いた選手のメッセージは、きっと縁起がいいに違いない……というわけで、デーゲームを終えた西岡選手を直撃。グラウンドにジャイアントジャージーを広げ、メッセージを書いてもらおうという計画でした。
しかしお台場を出発するときに降り始めた雨が、スタジアム到着の頃には本降りに……。これではグラウンドに広げるのは無理です。そこでチーム広報の方に相談したところ、屋内のブルペンをお借りできることになりました。

そして試合は雨で中断があったものの、6-0で千葉ロッテが楽天に完封勝利!
よーし、その勢いでメッセージをもらうぞ! と張り切ったユキですが、我々の訪問を知らない西岡選手は試合後そのまま打撃練習(いわゆる特打ち)へ。そんな陰の努力が、大舞台での活躍につながっているのかもしれません。

f0102665_13245671.jpg
練習が終わるのを待つ間、ユキは記者席で資料を広げ、西岡選手のプロフィールや成績をチェック。彼女もまた“練習熱心な選手”です。

f0102665_13253061.jpg
ブルペンにジャイアントジャージーを広げました。世にも珍しい光景です。

そこへ練習を終えた西岡選手がやってきてくれました。
ブルペンの様子に驚く西岡選手へ、ユキはすかさずジャージーを差し出し「すいません、これを着てください!」。

f0102665_13255439.jpg




あのワールドベースボールクラシック日本代表がサッカー日本代表に早変わり!?
スラリとした体型に、ジャージーがよく似合います。









そしてユキが「世界一を獲得した西岡選手からひと言!」とお願いすると……
f0102665_13263785.jpg
西岡選手は「うわぁー、緊張するー! 何を書けばええんや!!」。頭を抱えてしまいました。
さらに阪神タイガース・今岡誠選手のメッセージを見て「“世界一”ってめっちゃ簡単やん。今岡さんずるいなー(笑)」。

f0102665_1327429.jpg
結局しばし熟考の後、スラスラとマジックを走らせ……。

f0102665_13272971.jpg


書いてくれたメッセージが
「WBCで僕たちが
持って帰って来た感動を
もう一度日本へ…
頑張れ日本男子!」





でも書き終わった後「あれっ? “にっぽんだんじ”ってこの字でええのかなぁ?」。するとチーム広報の方が「これじゃ“にっぽんだんし”だよ(笑)」。
f0102665_13275925.jpg
でも西岡選手は「いや、オレの場合これで“にっぽんだんじ”って読むんや!」と主張。これにはユキも思わず大爆笑!

というわけでユキの西岡選手直撃は無事成功しました。
西岡選手、そして千葉ロッテ関係者の皆様、ありがとうございました!


一方のお台場も、夕方4時頃に1万人を突破! 記念すべき1万人目は大阪から来た新社会人2人組でした。
f0102665_13282447.jpg
サイン入りジャージーも特別にひとりずつプレゼント。

ところがそのときの現場は1万人突破で大盛り上がり。ユースケやイベントスタッフたちは、肝心なメモリアル・メッセージを見逃してしまったのだとか……。

なんとしても1万人目のメッセージを紹介したい! 紹介したいんだよ!
喚き叫ぶ僕を見て、ユースケが「たぶんこのあたり……」とジャイアントジャージーを大捜索……。
f0102665_13293461.jpg
「あー、わかんねー!」。
それもそのはず。昨日は雨にもかかわらず1000人以上がメッセージを書いてくれました。それ以前に書かれたメッセージもあるので、今さらわかるはずもありません……。


というわけで少々バタバタもしながらも、おかげさまで1万人を突破しました。
でもユースケとユキに何万人、何十万人という目標はありません。2人が目指しているのは、ひとりでも多くの人からメッセージをもらうこと。そして直接メッセージを書けなかった人の気持ちをくみとって、自分の力でドイツへ届けることです。


明日は横浜へ。ジャイアントジャージーを持って、横浜F・マリノスのユースを訪問します。



インターネット上でもサッカー日本代表へ応援メッセージを送ることができます。
ぜひこちらからアクセスしてみてください。
お寄せいただいた応援メッセージは、ドイツで戦うサッカー日本代表へお届けします!

by tomonitatakau | 2006-04-30 13:34 | 千葉 | Trackback(2)
マイアミの奇跡よ、再び……@渋谷&お台場
今は東京・お台場、フジテレビにやってきています。
昨日お伝えした通り今日と明日の2日間、ここで行われるイベント「お台場学園」に我々も参加。1F池広場でjaVanを展示し、ジャイアントジャージーを広げています(両日とも10~18時)。
f0102665_13453370.jpg
これはついさっき撮ったばかりの会場の様子。すでに大勢の来場者がメッセージを書いてくれています!

また今日から5月15日まで、東京・渋谷のパルコミュージアム(渋谷パルコパート3・7F)で「共に戦う!エキシビジョン」というイベントも行われます。
これは「共に戦うプロジェクト」の内容を紹介したり、サッカー日本代表に関する品々を展示するというもの。会場内にはビッグジャージーを置き、来場者の皆さんから応援メッセージを集めています。入場無料ですので、気軽にお立ち寄りください。


昨日はその「共に戦う!エキシビジョン」の記者発表がありました。前日札幌から帰ってきたばかりのユースケとユキも出席しました。

f0102665_13455925.jpg
スタッフルームで出番を待つユースケとユキ。右に座るスーツ姿の男性は、アディダス・ジャパンの平野友彦副社長。そうとは知らずに世間話をしていたユキは、この後「そんなに偉い人だなんて知らなかった……」。

f0102665_1346211.jpg
ユースケは会場近くの美容室で長かった髪をカット。なんとジャージーに合わせてスリーストライプスが!


記者発表のスペシャルゲストは元サッカー日本代表・前園真聖さんでした。1996年アトランタ五輪では、キャプテンとしてチームを牽引。最強軍団・ブラジルを1-0で下した一戦は、「マイアミの奇跡」として今もファンの間で語り継がれています。
f0102665_1347837.jpg
集まった取材陣や関係者を前に、前園さんとミニトークライブ。ちなみに左端は司会の中田美香さん。ユースケとユキがたびたび生中継で出演している「Wonderful Go! Go!」のDJです。

前園さんは「サッカー日本代表はワールドカップで活躍できますか?」という質問に、「4年前に比べて海外を経験した選手が増えているし、チームも代表戦も多くこなしています。前回以上の結果は残せると思います」。
またこの日の午前中、前園さんはガンバ大阪・宮本恒靖選手を取材したとか。宮本選手は「ブラジルにもスキはあるし、得点のチャンスもある」と話していたそうです。

これはもう「ドルトムントの奇跡」に期待するしかないでしょう!


その後、前園さんと平野副社長に、ジャイアントジャージーへメッセージをお願いしました。
f0102665_13473639.jpg
f0102665_13475897.jpg
前園さんのメッセージは「自分を信じて!」。


ちょっとだけ会場の様子もお伝えしましょう。
f0102665_13482142.jpg
サッカー日本代表の新旧ジャージーを展示。赤い時代もあったのです。

f0102665_13484096.jpg
な、なんとjaVanが!? しかも1台、2台、3台、4台……。

さらにイベント期間中は、渋谷パルコも「共に戦う」モードに!
パート1・スペイン坂側の壁面には、「+10」の巨大広告が出現しました。
f0102665_1349342.jpg
インパクト大で、待ち合わせの目印にぴったりです。
5月7日(日)には、公園通りに面したパート1正面玄関前でジャイアントジャージーを広げます! 時間は14時からの予定ですが、目下調整中。詳細は後日お知らせいたします。


再び今日の話題。
これからユキと僕はお台場を一旦離れ、千葉マリンスタジアムへ向かいます。昨年の日本シリーズ、そして今年のワールドベースボールクラシックで優勝に貢献した千葉ロッテマリーンズ・西岡剛選手にお会いするためです。目的はもちろサッカー日本代表への熱いメッセージをもらうこと。
この続きはまた明日!



インターネット上でもサッカー日本代表へ応援メッセージを送ることができます。
ぜひこちらからアクセスしてみてください。
お寄せいただいた応援メッセージは、ドイツで戦うサッカー日本代表へお届けします!

by tomonitatakau | 2006-04-29 13:52 | 東京 | Trackback(1)
なまら長かった旅だべさ@札幌
およそ1ヵ月にわたる日本列島縦断の旅も、昨日札幌でセカンドステージ終了を迎えました。

訪れてメッセージを集めた道府県は、順に大分・福岡・山口・長崎・鹿児島・熊本・沖縄・大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山・三重・愛知・岐阜・新潟・福島・宮城・北海道。もっと多くの県へ行きたかったのですが、1都市に1~2日滞在+移動というスケジュールでは、これが限界でした。
これから訪れるところもありますが、行かずじまいの県もあると思います。その代わり、こちらでも応援メッセージの投稿を受け付けています。寄せられたメッセージは責任を持って、我々がジャイアントジャージーまたはビッグジャージーに書き写します!


というわけで昨日の札幌の様子。
午前中は世界最大級のスポーツショップ「スーパースポーツ ゼビオドーム札幌月寒店」へ。
ビッグジャージーを持って店内を回り、店員さんやお客さんからメッセージを集めました。

世界最大級というだけあって、店内はとにかく広いんです。しかも10mの滝が流れ、シロクマやバッファロー、シカなどの野生動物も……。
f0102665_13493447.jpg
シロクマに向かって「メッセージお願いします!」。ってユースケそれは無理無理。
でもビッグジャージーを着せたら、サイズがぴったり合いそうだな……。

f0102665_13494826.jpg
店内にはポップなお菓子コーナーも。もちろん誰かさんはそっちへ吸い込まれ……。


午後は「イオン札幌苗穂ショッピングセンター」へ。
こちらもユースケとユキが「デカっ!」と驚くほどのスケール。さすがは北海道。
駐車場をお借りし、ジャイアントジャージーを完全に広げることができました。
f0102665_13495742.jpg
到着した日の夜が嘘のようなポカポカ陽気。

その陽気に誘われ(?)ユキは果敢にも館内放送に挑戦。
f0102665_1350944.jpg
「お買い物中の皆さま、ぜひ1階駐車場へお越しくださいませ」。あまりのうまさに店員さんも「普段はデパートかどこかにお勤めですか?」。いえいえ、生粋のジャージーガールです。


さらに夕方は中心部にある商業施設「サッポロファクトリー」へ。
吹き抜けのアトリウムでジャイアントジャージーの胸元を広げてきました。
f0102665_13501919.jpg
地元のテレビ局や新聞社がどっと取材に押し寄せました。最近はこうしたことも珍しくありません。ワールドカップへの感心は確実に高まっているようです。

f0102665_13503683.jpg
その場に居合わせた全員が「かわいい!」と歓声を上げた赤ちゃん。ジャイアントジャージーによだれを垂らしてしまいましたが、全然大丈夫。よだれもドイツへ届けちゃうよ!

f0102665_13505080.jpg
アトリウムに面したインド料理店のシェフも一筆。ワールドカップに出られないアジア各国の人々から「日本はアジアの代表。うちの国の代わりに頑張って!」という声援もよくいただきます。


ところで前日のオフ、ユキはひとりで観光に出掛けました。その途中で福岡から来た“チョイ悪オヤジ”と意気投合。あいにくメッセージを書いてもらうジャージーを持っていなかったため、自分の手帳に書いてもらったそうです。それを一生懸命ジャイアントジャージーに書き写していました。
f0102665_1351876.jpg
「北海道のサケ」が、どうしてもアシカに見えるのは僕だけ?


f0102665_13512040.jpgそして“今日のピカいち!”は
「勝っても負けてもいいんだよ!! 精一杯やれば」
道産子らしい、おおらかなメッセージです。
スポーツというのは勝つことも重要だけど、それ以上に重要なのはベストを尽くすこと。



f0102665_13513286.jpgさらに“ピカに!”になってしまいますが、もうひとつ紹介したいメッセージが……
「ガンバレ帯同シェフ」
ワールドカップを戦うサッカー日本代表には、日本人の専属シェフが帯同します。「武士は食わねど高楊枝」なんて言葉もありますが、ワールドカップはそんなに甘くはありません。「腹が減っては戦はできぬ」世界です。
おそらくこのメッセージを書いたのは、同じく料理界で働く人でしょう。もしどこかで専属シェフにお会いできれば、このメッセージを直接伝えたいと思います。きっと試合中も厨房で仕込みに追われているでしょうから……。


そんな札幌での一日を終え、ユースケとユキ、そして僕は昨晩遅く飛行機で東京へ戻ってきました。長旅はこれでひとまず終了ですが、ユースケとユキの活動はまだまだ続きます。ドイツへ旅立つ直前まで、関東を中心になるべく多くの町や人々を訪ねる予定です。

29・30日には東京・お台場で行われるイベント「お台場学園」で、ジャイアントジャージーにメッセージを集めます(両日とも10~18時)。列島縦断を終えたばかりのjaVanも展示します。
また29日からは東京・渋谷のパルコミュージアム(渋谷パルコパート3・7F)で「共に戦う!エキシビジョン」というイベントを行います(5月15日まで)。
ぜひ遊びにきてください!


インターネット上でもサッカー日本代表へ応援メッセージを送ることができます。
ぜひこちらからアクセスしてみてください。
お寄せいただいた応援メッセージは、ドイツで戦うサッカー日本代表へお届けします!

by tomonitatakau | 2006-04-28 13:54 | 札幌 | Trackback
+チームガイスト・ベイビー@宮城
昨日はユキが宮城県利府町「イオン利府ショッピングセンター」、ユースケは仙台市内でそれぞれ活動。僕はユキの、ドライバーのマサタカはユースケのそれぞれサポートに回りました。

その「イオン利府ショッピングセンター」から、屋上駐車場でジャイアントジャージーを広げると告知をしましたが……。
ブログを更新した直後、どんよりとした空からポツリポツリと雨が!

1枚目のジャイアントジャージーが幾度となく雨に見舞われ、その結果汚れが目立ってしまったのは大阪・神戸のレポートで書いた通り。2枚目も同じテツを踏むわけにはいきません。
仕方なく屋上駐車場を断念し、屋根のあるところを使えないか交渉。その結果、1階の玄関を入ってすぐ、エスカレーターとエレベーターの前という一等地をお借りできることになりました。


すぐに1階へ移動すると、目の前に「スポーツオーソリティー利府店」のワールドカップ特設コーナーが! これは我々のためにあるような場所じゃないですか!!
f0102665_13175520.jpg
襟元の一部だけしか広げられませんでしたが、買い物に訪れた人々がたくさんメッセージを書いてくれました。結果オーライだったのかも。

f0102665_1318101.jpg


場所が場所だけに、ジャイアントジャージーの周囲には常にショッピングカートやベビーカーが。
すやすやと眠る赤ちゃんの姿に、ユキと僕も少し癒されました。





ただし平和なことばかりではありません。この日もワールドカップ・ドイツ大会の決勝戦専用ボール「+チームガイスト・ベルリン」を展示しましたが、それを見て泣き出す赤ちゃんが続出!
泣く子も黙るどころか、黙る子が泣き出す様子に、ユキや僕、そしてお手伝いをしてくれたスポーツオーソリティーの皆さんもただただ苦笑いでした。

f0102665_1318277.jpg



そんな中、喜んでくれた数少ない赤ちゃん。
笑顔がこれまたかわいいのなんの。






またこの日はいつもの「Wonderful Go! Go!」生中継のほか、地元局・Date fm(エフエム仙台)が取材に来てくれました。
f0102665_13185717.jpg
マイクを使っての生中継ですが、連日「Wonderful Go! Go!」で鍛えられているユキには楽勝ムード(?)。
ちなみに目の状態は、一時帰京の際に眼科へ行ったおかげでかなりよくなった様子。


というわけで今日のユキは、ラジオ出演の掛け持ちで大忙し。代わりに僕がメッセージを呼び掛けました。
しかしメッセージを呼び掛けたときの反応には、お国柄がくっきりと現れます。
宮城の人たちはシャイなんでしょうか。今日は呼び掛けても「結構です……」と足早に去っていく人も多かったのですが、「これをドイツへ届けます!」と説明すると皆さん目がキラキラ。そして熱いメッセージを残してくれました。夕方合流したユースケにそう話すと「僕もそうだった!」。
そんななか僕が印象的に残ったのは、かつて自衛隊のサッカー部にいたというお父さん。最初に呼び掛けたときは「いいよ」と立ち去りかけたのですが、結局メッセージを書いてくれたうえ、サッカー部時代の思い出を語ってくれました。

サッカーというと“若者のスポーツ”と思いがちですが、こうして人々と触れ合うと、年輩でもサッカーを愛する人が多いことがよくわかります。
ユキも車椅子のおばあさんから「私もいいですか?」と訊ねられ、「もちろんお願いします!」。介護の方がメッセージを代筆してくれました。


ところでここ数日、魂に響くメッセージや光っていたメッセージを紹介してきましたが、好評につき、“今日のピカいち!”としてレギュラー化することにしました。

f0102665_13192842.jpg今日のピカいちはこれ、「ジーコたのむ」
我々はメッセージを書いてもらう際、ひとりでも多く方が書けるようハガキ大の窓が開いた枠をお渡ししています。
ふつうの人はその窓で縁取りをします。枠で日の丸を描く人もかなりいます。しかし窓を使ってジーコ監督の似顔絵を描いた人は、これまでメッセージを書いてくれた中(現時点で9000人弱)で、恐らく初めてです。
っていうかメッセージ(と髪と耳)が窓からはみ出してるんですけど……。



そして今、ユースケとユキ、僕の3人は札幌に来ています。昨晩またまたjaVanを離れて、仙台から飛行機で移動してきました。
実は休みなしの旅で疲れ気味なため、先乗りして少し休まさせてもらうことにしたのです。といってもユキは朝から観光へ出掛けました。ユースケは……姿を見ないけど爆睡中? 僕はこの記事を更新したら、大好きな小樽へ遊びに行ってきます。そしてjaVanはマサタカが今晩札幌まで運んでくれる予定(安全運転でよろしく頼む!)。

しかし札幌は寒い! 思えばこの1か月で沖縄から北海道まで、各地を駆け回りました。明日でその列島縦断の旅もとりあえずひと段落。気合いを入れて頑張ります!



インターネット上でもサッカー日本代表へ応援メッセージを送ることができます。
ぜひこちらからアクセスしてみてください。
お寄せいただいた応援メッセージは、ドイツで戦うサッカー日本代表へお届けします!

by tomonitatakau | 2006-04-26 13:37 | 宮城 | Trackback
サッカー村に集まってくれた人々@福島
昨日は早朝に新潟を発ち、福島県内をあわただしく駆け回りました。


すでにご存じの方も多いと思いますが、ユースケとユキは「Wonderful Go! Go!」というFM番組で、可能な限りケータイを使って生中継をしています。放送エリアは全国にまたがっており、旅の途中で「ラジオ聴いてますよ」と声を掛けられることも少なくありません。

昨日もその生中継の日。しかしユースケは朝から不安でいっぱいでした。いつもトークをリードする相棒・ユキがいないのです。彼女は前日の晩、新幹線で東京へ向かいました。とあるイベントで応援メッセージをもらうためです(その話題はまた後日)。

そのため昨日はユースケひとりが出演。中継場所として、郡山市「スーパースポーツゼビオ郡山西ノ内店」の駐車場をお借りしました。
その間、レポーターの僕とドライバーのマサタカは、ビッグジャージーを持って店内へ。お店の協力を得て、お客さんからメッセージを集めました。そして生中継を無事に終えた(らしい)ユースケも合流し、3人で店内を巡回。
するとラジオを聴いて駆けつけたという方や、いつもユースケとユキの中継を聴き、“いつ福島県に来るんだろう”と楽しみにしていたという方が! ラジオの力、恐るべし。

f0102665_123326100.jpg

というわけで今日の僕はユキのピンチヒッター。するとマサタカが「それなら僕はカメラマン役を……」と、メッセージを集めるユースケと僕を撮影。男3人だと、どうしても悪ふざけが……。





しかし僕はメッセージを書いてくれた方に再度声を掛けてしまい、ユースケから「書いてくれた人の顔は覚えなきゃ」とお説教を受ける始末。ユースケとユキの大変さがよくわかりました……。


その後、jaVanは楢葉町にある「Jヴィレッジ」へ。
ここは5000人収容のスタジアムと11面の練習用コート、さらに各種トレーニング施設や宿泊施設も完備した“サッカーの村”。サッカー日本代表はもちろんのこと、Jリーグや学生、さらに海外のチームもここで合宿を行っています。

本当はそのコートをお借りしてジャイアントジャージーを広げる予定でしたが、昨日の福島県はあいにくの強風。jaVanで高速道路を移動中も、風にあおられてひと苦労でした。
そのため屋外で広げるのは危険と判断。急きょロビーで一部だけ広げることにしました。
f0102665_12341248.jpg
ジャイアントジャージーを広げると、地元の人々が待ってましたとばかりに大集合!

愛犬の足跡を押してくれた人も。
f0102665_12344378.jpg
人間以外からメッセージ(?)をもらうのは、鹿児島の黒豚に続き2度目です。

さらに我々が驚いたのは、わざわざ車で1時間かけてやってきたというお母さんたち。おひとりが娘さんとともにガンバ大阪・宮本恒靖選手の大ファンで、大阪までたびたび応援にも行かれるとか。そして娘さんに頼まれてメッセージを書きに来たそうです。

で、何に驚いたのかというと、娘さんが書いたメモを写した後……
f0102665_12351333.jpg
持参した日の丸のワッペンをジャイアントジャージーに縫いつけ!
お母さんから「これを縫ってもいいですか?」と聞かれたときは、正直我々も戸惑いました。しかしサイズが小さいことと、今後広げる際に危険がないこと、さらにせっかくの気持ちを尊重したいということで、「途中でとれてしまうかもしれませんが」とお断りしたうえでOKしました。
この小さな日の丸がドイツまで行くという保証はありません。でも日の丸をつくってくれた娘さんと、遠くからそれを縫いつけに来てくれたお母さんの気持ちは、しっかりとドイツへ届けてあげようと思いました。

さらにお母さんは、「私もjaVanを持っているのよ」
f0102665_1236765.jpg
なんとラジコン!

またユースケに「僕もこれにメッセージを書いてほしいんですが……」と、持参した日の丸を差し出す方がいました。聞けば福島市内でスポーツバーを経営しており、日の丸は店内でワールドカップの中継を流すときに掲げるのだそうです。
f0102665_1236438.jpg
もちろん喜んで書かせていただきました。


Jヴィレッジには子供を対象にしたサッカースクールもあります。近隣から多くの子供が集まり、レベルの高い指導が行われているそうです。ここから未来のサッカー日本代表が羽ばたく日も、そう遠くはないかもしれません。

スクールに通う幼稚園児と小学校低学年の生徒たちも、練習を終えて来てくれました。
f0102665_12371623.jpg
ユースケは「こんなちっちゃな頃から、プロと同じ施設で練習できるなんてうらやましいなぁ。絶対にここの存在が日本のサッカーのレベルを上げるよね」。


この後、jaVanは国道6号をひたすら北上。早朝から強風と格闘したマサタカを休ませ、ユースケが杜の都・仙台まで、3時間以上のロングドライブをこなしました。

f0102665_12373931.jpg



途中のコンビニでほっと一息。
我々も“共に戦う”毎日です……。





仙台に到着後、東京で活動してくれたユキも合流。今、僕は彼女と一緒に宮城県利府町の「イオン利府ショッピングセンター」にいます。屋上駐車場をお借りして、これから17時までの間、ジャイアントジャージーを広げる予定。そして今日の「Wonderful Go! Go!」でも、ここから生中継をします(今日はユキがソロデビュー!)。
一方のユースケはビッグジャージー片手に仙台市街へ。スポーツショップなどでメッセージを集めて回ります。
そして今晩、いよいよセカンドステージの最終目的地・札幌へ向けて移動します!



インターネット上でもサッカー日本代表へ応援メッセージを送ることができます。
ぜひこちらからアクセスしてみてください。
お寄せいただいた応援メッセージは、ドイツで戦うサッカー日本代表へお届けします!

by tomonitatakau | 2006-04-25 12:46 | 福島 | Trackback
サポーターの情熱に感謝!@新潟
一昨日から今朝にかけて新潟を訪れました。
新潟も名古屋に負けじと熱かったです!

一昨日の夕方、新幹線で新潟入りした我々は、急いで新潟駅近くにあるFM-NIIGATAのサテライトスタジオへ。18時から「Fiebre Futbolera」に生出演しました。
DJはJリーグ・アルビレックス新潟のホームゲームで場内MCを務める森下さん。ゲストは沖縄でお世話になったサッカー日本代表サポーターの松下さんと新潟スタジアム・ビッグスワン(アルビレックス新潟の本拠地)運営課の長谷川さんです。
f0102665_8475676.jpg
松下さんと長谷川さんは旧知の間柄。スペシャルゲストのユースケとユキを交えて、森下さんいわく「いつもと同じ」台本無視のトークが弾みました。
ちなみにこのとき、スタジオの外にはアルビレックス新潟・河原和寿選手の姿が。翌日はU-19サッカー日本代表の中国遠征に出発するとのこと。ユースケとユキはすかさずビッグジャージーにメッセージを書いてもらいました。いつかワールドカップで河原選手のプレーが見られることを期待しつつ……。

f0102665_8482225.jpg
その後、近くにある魚料理のおいしいお店へ。松下さんや長谷川さん、さらにアルビレックス新潟のサポーターの方々と夕食。銀ダラが絶品!




そして昨日は「にいがた カナール彩 春」が行われているビッグスワンで、ジャイアントジャージーを広げてきました。しかもお借りした場所はゴール裏。これまでジャイアントジャージーを広げるのは駐車場やイベントスペースがほとんどでしたが、今回はワールドカップの本戦も行われたスタジアムの中です。
これは松下さんが長谷川さんに提案。さらに昨晩夕食をともにしたサポーターの方々が協力を約束してくれて実現しました。
f0102665_8484943.jpg
10時の開始早々からメッセージを書く人々で大混雑!

f0102665_8491418.jpg
「にいがた カナール彩 春」に華を添えていた“新潟のスウィングガールズ”。

ちなみにこの日はユキにアクシデント発生!!
昨日から左目に違和感を訴えていたのですが、今朝になって開かなくなってしまったのです。
実はユースケもjaVanの旅の初日、大分でものもらいを発症。九州・沖縄を旅する間、ずっと症状に悩まされていました。
そして今度はユキが同じ状態に。吹きさらしの屋外で1日中活動しているせいかな……。

f0102665_8495322.jpg



仕方なく眼帯を着用。しかも「+10」マーク入り……。
本当はネタをやっている場合じゃないんですが。





f0102665_8502559.jpg


一方ですっかり元気になったのがjaVan。来場者にはこのブログを読んでくれている方も多く、「ドアは大丈夫ですか?」という質問を何度も……。ご心配をお掛けいたしました……。





f0102665_8505796.jpg



そんな会場で、jaVan2号を発見!?
2号はどうやらハッチバックのようです。





f0102665_8513153.jpg
メッセージを書いてもらうマジック。実は昨晩、ドライバー兼マネジャーのマサタカが、完成したばかりの「共に戦うプロジェクト」ステッカーをひそかに貼ってくれていました。ご苦労!



ビッグスワンで集まったメッセージは、2時間でなんと1,023人分!
さすが、2003年から3年連続でJリーグ最多観客動員数を誇るアルビレックス新潟の本拠地。改めて新潟市民のサッカーに対する情熱を思い知らされました。


その後、長谷川さんの発案でジャイアントジャージーをピッチの中央へ移動。
f0102665_852160.jpg

めいっぱい広げてみると……
f0102665_8522920.jpg
結構小さく見えますが、そんなことはありません。スタジアムがデカいんです。
その証拠にこの日のスタッフ全員で記念撮影をすると……
f0102665_8525626.jpg
ほら。

ついでにユースケとユキのツーショットを撮影。
f0102665_8533826.jpg
ユキには一瞬だけ眼帯を外してもらいましたが「やっぱり痛いっ!」。こりゃ重症かも……。


午後は「フルーツ&スイーツフェアin新潟ふるさと村」へ。会場の一角をお借りして、ジャイアントジャージーの袖のさらに一部分を広げてきました。
f0102665_8544929.jpg
これで通常のジャージーではカードよりちょっと大きいくらいです。なにせジャイアントジャージーの面積は、通常の約1100枚分!

f0102665_8552054.jpg

ユースケが旅のセカンドステージから持参しているハンドマイク。横にはしっかりと「+10」マークが……。
今日はこれが大活躍でした。



f0102665_8554616.jpg
こちらでもビッグスワンと同様、サポーターの方々が全面的にバックアップ。声を枯らして来場者にメッセージを呼び掛けてくれました。



f0102665_856195.jpg



6月に挙式というナイスカップル。
ビッグジャージーにはこういう使い方も(?)。





f0102665_8564338.jpg
こちらでも3時間で521人のメッセージが!
午前中のビッグスワンと合わせると、1日で集めたメッセージは1,544人分! 旅の初日、大分での1,335人分を大幅に上回りました!!


f0102665_857665.jpg
その中から選んだ“今日のMVP”がこれ。
「ドイツもこいつもぶち倒せ!!」
とりあえずメッセージ数の最高記録はぶち倒しましたよ!




そして今はjaVanで福島県の磐越自動車道を移動中。
これから福島市や郡山市を回った後、夕方にはサッカーのナショナルトレーニングセンター「Jヴィレッジ」を訪問します。サッカー日本代表のいわば“ベースキャンプ”で、未来のスター候補たちにメッセージをもらおうという計画です。乞うご期待!


インターネット上でもサッカー日本代表へ応援メッセージを送ることができます。
ぜひこちらからアクセスしてみてください。
お寄せいただいた応援メッセージは、ドイツで戦うサッカー日本代表へお届けします!

by tomonitatakau | 2006-04-24 09:15 | 新潟 | Trackback
ピカピカのジャージー、そして……@名古屋
昨日ちらっとお伝えした通り、名古屋は(気温は低かったのですが)熱かったです。

まずは11時から名古屋・栄のデパート「LACHIC(ラシック)」エントランスをお借りし、ジャイアントジャージーを広げましたが……
f0102665_13173655.jpg
あれっ? メッセージが消えてる!

……実はこれ、2枚目のジャイアントジャージー。ここが初お披露目です!
1枚目にはすでに5000人以上のメッセージが書き込まれ、空きスペースがほとんどなくなりました。そこで“選手交代”、2枚目を投入したのです。もちろんこれもドイツへと届けます。

「LACHIC」はオープンからちょうど1年。名古屋で今いちばんホットといわれるデパート。多くの人々で賑わっていましたが、とくに目立ったのが女子大生とセレブな奥様……。

f0102665_1318103.jpg
1人1文字ずつ書いていた3人組。なになに……「じ」「い」「こ」?

f0102665_13183324.jpg
別の3人組はサッカーボールを書こうとしたものの、模様がわからず……。でもひとりが「ケータイの絵文字にあったよ!」。グッドアイデア。

f0102665_13185378.jpg



ケータイといえば、こんな光景も。
書いたばかりのメッセージをバックに自分撮り。






この日の「LACHIC」には“特別ゲスト”もやってきました。
jaVanにはワールドカップ・ドイツ大会の公式球を積んでいますが、その黄金バージョン「+チームガイスト・ベルリン」です。これは決勝戦のためだけにつくられたもの。果たしてこれを蹴るのはどの国とどの国の選手なのか……。
f0102665_13193180.jpg
名古屋城のシャチホコにも負けない輝き。貴重品だけにアクリルケースで展示していましたが、どうしても触りたいという子供にちょっとだけサービス。蹴ったのは尾張国のサッカー小僧でした……。


また14~16時にはビッグジャージーが「LACHIC」のすぐそばにある「アディダス パフォーマンスセンター名古屋」へ。ユースケとユキも交代でおじゃまし、店頭でメッセージを集めました。
f0102665_13211488.jpg
ショップのスタッフ総出で道行く人たちに「サッカー日本代表へメッセージをお願いします!」。おかげでこんなに人だかりが!

f0102665_13214347.jpg


ユキはスタッフの方が被っていた帽子をお借りし、マイク片手に呼び掛け。
ちなみに帽子には日の丸の下に「3」、ドイツ国旗の下に「0」。あくまで強気!




f0102665_1322545.jpg
いつもショップがお世話になっている運送会社のドライバーさんも、集荷のついでに一筆。目にも止まらぬ速さで書き、疾風(はやて)のごとく去っていきました……。



f0102665_1323331.jpg

ショップのスタッフに「みんなお茶でも飲んで」と1000円札をくれたお母さんも……。もちろん堅くお断りしたのですが、向こうも頑なに「いいから受け取って!」。うれしいやら、申し訳ないやら。




そんなこんなで、集まったメッセージは2時間でなんと326人! すっかり上機嫌のユースケは「みんなで唄いましょう!」と、連日紹介している自作の歌をスタッフの皆さんに伝授。
f0102665_13241449.jpg
「こうやってこぶしを握って……♪とっもっにたったっかっう~」。


一方のジャイアントジャージーは、地元テレビ局が夕方のニュースで紹介してくれたこともあり、18時の終了間際になって大混雑。「LACHIC」には問い合わせの電話が殺到したそうです。
f0102665_13261561.jpg
朝はまっさらだったジャイアントジャージーに、678人分のメッセージを集めることができました。

f0102665_13263871.jpgその中で僕が心を打たれたのがこれ。
「多分、観れんけど営業しながら感じます」
直接チームや選手を応援しているわけではありませんが、書かれた方の思いが伝わってきました。
ドイツでサッカー日本代表が戦っている頃、恐らく自分は残業でテレビ観戦すらできない……。そんな人たちの声援を拾って、スタジアムで選手たちへ届ける。そのために、ユースケとユキはjaVanで旅を続けています。


といいつつ、実は今日もまたまた電車移動。
ユースケとユキ、そして僕はjaVanを離れ、新幹線(東京経由)で新潟へと向かっています。今はちょうど浜松のあたり。なぜならユースケとユキは18時からFM-NIIGATA(77.5MHz)の「Fiebre Futbolera」に生出演。それに確実に間に合わなければならないのです。
もともと今日のゲストは、沖縄でお世話になったサッカー日本代表サポーターの松下さん。そこに2人は招待されたというわけ。果たしてどんなトークが繰り広げられるのか、2人を追いかける僕もちょっと楽しみです。

なお明日は午前中、「にいがた カナール彩 春」を開催中の新潟スタジアムビッグスワンでジャイアントジャージーを広げます。さらに14~18時には「フルーツ&スイーツフェアin新潟ふるさと村」にも参上します!(雨天などで変更の場合があります)



インターネット上でもサッカー日本代表へ応援メッセージを送ることができます。
ぜひこちらからアクセスしてみてください。
お寄せいただいた応援メッセージは、ドイツで戦うサッカー日本代表へお届けします!

by tomonitatakau | 2006-04-22 13:31 | 名古屋 | Trackback
八咫烏の棲む聖地へ@南紀白浜から熊野
昨日の“熊野詣”のレポート……と、その前に。

f0102665_14305140.jpg

リゾート地・南紀白浜ですがすがしい朝を迎えた我々は、散歩へと出掛けました。もちろんユースケとユキはビッグジャージーを持っていくことを忘れてはいません。
そしてドアの修理を終えたjaVanが、明け方には大阪を出発し、こちらへ向かっているはず……。





まず足を運んだのは漁船が停泊する桟橋。ユースケとユキの狙いは漁師さんです。
でもまったく人の気配なし。諦めかけて帰ろうとしたところ……一艘の漁船に、漁師さんの姿を発見! 大声で「すいませーん!」と呼び掛け、メッセージをお願いしました。
f0102665_14313757.jpg
「今日は風が強いから漁は休みなんだ。あんたたち、運がいいねぇ」。

そして南紀白浜といえば温泉です。阪神タイガース・今岡誠選手のアドバイス(4/18付「憧れのスタープレーヤーと対面!」参照)に従って、ここは温泉で旅の疲れを癒すことに。海岸線に面した公共の露天風呂「崎の湯」に行ってみました。
f0102665_1432520.jpg
またまた自作の歌を口ずさむユースケ。波しぶきをバックに、もはや演歌の世界。

そこにひとりのお客さんが入ってきました。ユースケが慌ててロッカーへ戻るので、どうしたのかと思いきや……手にしているのはビッグジャージーとマジック!
なんと入浴中の方にメッセージを書いてもらうというのです。そして……
f0102665_14322986.jpg
書いてもらっちゃいました。
「裸でメッセージをお願いするなんて予想もしなかったッス」とユースケ。僕だって裸で写真を撮るなんて予想もしなかったよ……。

しかしこれは朝から大収穫。ユースケもユキも上機嫌でホテルへ戻ると、駐車場にjaVanが!
大阪のjaVan専属メカニックが我々のために夜を徹して修理。わざわざ南紀白浜まで届けてくれました。このお礼はいつかせねば……。


そして昨日レポートした通り和歌山県田辺市にある熊野本宮大社(本宮)へ。ここは世界遺産に登録されている熊野三山(本宮・速玉・那智)の中心的存在で、全国に3000以上ある熊野神社の総本宮。そしてサッカー日本代表ともゆかりの深い神社です。

サッカー日本代表ジャージーの胸元を飾るのが、日本サッカー協会のエンブレム。そこには3本足の鳥があしらわれています。これは八咫烏(やたがらす)といい、神武天皇を熊野から橿原(奈良県)まで導いたとされる伝説の鳥です。
その故事が残る熊野は、日本に初めて近代サッカーを紹介した中村覚之助氏の出身地。そこで氏に敬意を表し、エンブレムに八咫烏をデザインしたのです。また神武天皇の故事に習い、「ボールをゴールへ導くように」との願いも込めたといわれます。
さらに本宮と日本サッカー協会とのつながりも深く、今月末には長沼健最高顧問や釜本邦茂副会長がワールドカップの必勝祈願に訪れるそうです。
そんなわけで我々も「これはお参りしなくては!」と、はるばるやってきたのでした。


本宮に到着早々、ビッグジャージーを持参して境内へ。宮司の九鬼家隆さんにご挨拶し、メッセージをお願いしました。
f0102665_1433655.jpg
メッセージは「帆を揚げて勝」。ありがたい御朱印もいただきました。

さらに境内で観光客や本宮の方々にもメッセージを書いてもらいました。
f0102665_14332938.jpg
もちろん巫女さんにも。


f0102665_14402275.jpg本宮参拝で僕が密かに楽しみにしていたのがこれ、日本サッカー協会のエンブレムをあしらった、その名も「サッカー守」。もちろんゲットしました。
さらにこれを1名様にプレゼント!(少ないっていわないでください、自腹なんだから……) 右下の「comments」をクリックして、コメント欄にあなたのメールアドレスと、全角40文字以内でサッカー日本代表への応援メッセージを入力して投稿してください。厳正な審査により(?)、僕がもっとも感動した応援メッセージを書いた方にさしあげます。
もちろんここで集まったメッセージもドイツへお届けします!


※なお書き込んだコメントの内容は公開されます。メールアドレスを公開したくないという方は、左下の「非公開コメント」をオンにしてください(詳しいヘルプはこちら)。

本宮はさわやかな空気に包まれ、我々もついつい長居をしてしまいました。
帰り際には、宮司さんから八咫烏のストラップや紀州名産の梅干し、さらに「長旅で疲れてるでしょ」とチョコレートまで渡され、ユースケとユキも思わず感激。
由緒ある神社とあって、訪れる前は少し緊張気味の2人でしたが、「遠かったけど、やっぱり来てよかった!」と熊野を後にしました。

でも……。本当に遠かったのは、熊野からの帰り道!
名古屋までの所要時間はなんと5時間。ジャージードライバー・マサタカもさすがに途中で「休ませて!」とギブアップ宣言。ユースケと交代でなんとかたどり着きました。


そして今日は、ユースケとユキが名古屋の中心街・栄で活動中。
すでに11時からはデパート「LACHIC (ラシック)」でジャイアントジャージーを広げています(18時まで)。さらに14時からは「アディダス パフォーマンスセンター名古屋」の店頭でも、ビッグジャージーにメッセージを集めています(16時まで)。今、ユースケと僕はパフォーマンスセンターの方にいますが、ビッグジャージーのまわりはとにかくすごい人・人・人。

名古屋、熱いです!

まだ間に合うという方は、ぜひメッセージを書きに来てください!!



インターネット上でもサッカー日本代表へ応援メッセージを送ることができます。
ぜひこちらからアクセスしてみてください。
お寄せいただいた応援メッセージは、ドイツで戦うサッカー日本代表へお届けします!

by tomonitatakau | 2006-04-21 14:56 | 熊野 | Trackback(2) | Comments(11)
旅は道連れ、世は情け@奈良から南紀白浜
まずはご報告。京都でドアが故障したjaVanですが、無事に戦列復帰しました!

昨日は運転席と助手席のドアしか開かないjaVanで京都から奈良へ移動。奈良市内のショッピングセンターで、修理をお願いしたメカニックと待ち合わせ、jaVanを引き渡しました。
そして転んでもタダでは起きないのがジャージーボーイ・ユースケとジャージーガール・ユキ。センター内にある「スーパースポーツゼビオ奈良店」にご協力いただき、テナントのホームセンター、電器店、そしてゼビオの各店内を、ビッグジャージーを持って練り歩きました。店員さんやお客さんから多くのメッセージを書いてもらいました。
f0102665_1311750.jpg
営業中押しかけたにもかかわらず、快くご協力いただきました。ありがとうございます!

その後、JR奈良駅へ移動。一路、南紀白浜を目指しました。jaVanでの旅で、まさか電車移動をすることになるとは……。


でもここでホッとした人物がひとり。実はjaVanをもっとも運転しているのは、ユースケでもユキでも僕でもなく、“第四の+10メンバー”マサタカです。何より安全を心掛ける以上、専属のドライバーがほしい……。そんな希望から旅の序盤、博多でスカウトしました。
jaVanの旅は、ホテルの手配や備品(たとえばメッセージを書くマジック)の調達、さらにジャイアントジャージーの設置など、思いのほか仕事がいっぱい。彼はそれらをサポートするマネジャー役も務めてくれています。
そして何よりもすごいのが、サッカーのテクニックと知識! それもそのはず、高校時代は某サッカー強豪校でディフェンダーとして活躍。実はすごい実績の持ち主らしい……。
というわけで当初マサタカとは九州・沖縄のみの約束でしたが、何かと頼りになるのは紛れもない事実。セカンドステージの最後まで付き合ってもらうことになりました。

そんなマサタカも、ハードワークで最近はややお疲れ気味。今日の電車移動は、彼がのんびりできるひとときだったのです。

f0102665_13113766.jpg
電車で爆睡するマサタカ。ユキが毛布の代わりにビッグジャージーをかけてあげました……。
実はこれ、おろしたてのビッグジャージー。1枚目はすでにメッセージでいっぱいになったため、これからは2枚目で活動をします。




もっともユキは「あ、そうだ!」とマサタカからビッグジャージーを奪い、カバンから裁縫セットを取り出しました。
ジャイアントジャージーは一枚の布ですが、ビッグジャージーは本物のジャージーと同じ構造。そのため前後がずれてメッセージが書きにくいという指摘がありました。
f0102665_1312524.jpg
そこで襟元を仮縫い。一方のユースケはノート片手に作詞。自作の曲をつくっていました。ラップだそうですが、口ずさむのはどう聴いても演歌……。


そして奈良から約3時間でJR白浜駅に到着。ホテルまでは路線バスで移動です。
他に乗客がいないこともあり、運転手さんにもメッセージをお願いしました。2枚目のビッグジャージー、記念すべき初メッセージです。
f0102665_13122814.jpg
こうして全国を旅していますと話すと、「それはすごい! 頑張ってね!」と励ましてくれました。jaVanで移動していたら、決してなかったであろう出会い。
こうして旅をしていると、トラブルも収穫のうちなのだと実感しました。


ホテルにチェックインした後、近くの名所「三段壁(さんだんべき)」へ。
f0102665_13124849.jpg
ものすごい断崖絶壁!

f0102665_13131353.jpg
恐る恐る崖の下を眺める。「ああっ、落ちるぅー!」。

f0102665_13133395.jpg
でも絶景! ユースケはさっき電車でつくった自作の曲(ほとんど演歌)を熱唱……。


南紀白浜といえば関西有数の温泉リゾート地です。我々も足湯に浸かりながら食事ができるオープンエアのお店で夕食。その目の前を浴衣姿の観光客が行き交います。もちろんユースケとユキはメッセージをお願いしました。
f0102665_13135943.jpg
大阪から来たOL3人組。「5月9日には長居スタジアム(キリンカップサッカー2006・日本代表×ブルガリア代表)に、この10倍あるジャイアントジャージーを持って行くよ」と教えたら、「絶対にメッセージ書きに行きます!」。再会が楽しみだ、なぁユースケ。


そして現在、我々は今朝ホテルまで運んでもらったjaVanで、世界遺産・熊野本宮大社へやってきました(今は遅めのお昼休み中)。実は熊野本宮大社はサッカー日本代表にとてもゆかりの深い場所。詳しくは後ほど熊野レポートを読んでいただくとして……。
我々が南紀白浜までやってきたのも、この“熊野詣”に備えて。なにしろ熊野は秘境、とにかく遠いのです。そこで少しでも近いところに宿をとったのでした。
これをアップしたら、再び熊野本宮大社の境内へ。そして名古屋へまたまた長距離移動です。修理を終えたjaVan、そしてマサタカ! よろしく頼む!!
by tomonitatakau | 2006-04-20 13:19 | 南紀白浜 | Trackback
新撰組には助けられたが……@京都
昨日は神戸から京都へ移動。
予定通り、午後は太秦映画村を訪れました。
ご厚意でjaVanを村内へ乗り入れることができました。
f0102665_10461978.jpg
江戸時代をjaVanが走る……。周囲にいたお客さんも目が点。

本当はここでユースケがお殿様、ユキがお姫様に変身……という計画も立てていたのですが、時間を要するとのことで断念。

その代わりというわけではありませんが、宮本武蔵さんや新撰組の皆さん、さらに江戸の町の人々にもメッセージを書いてもらいました。
f0102665_10465058.jpg
さらに土方歳三さんがユースケとユキに同行。村内を練り歩きながら、観光客や修学旅行生に「サッカー日本代表へ応援メッセージをお願いします!」と呼び掛けてくれました。
f0102665_10471770.jpg
心強い味方でござる。
でも最後にユキが「私、新撰組なら斎藤一が好きなんですよ」というと、土方さんは「実は僕、土方じゃなくて斎藤なんです!」。どっちやねん。

f0102665_1053485.jpg
村内を歩き回った後は、茶屋で一服。
ちなみに後ろにある芝居小屋では「暴れん坊将軍vs宮本武蔵」という、時空を超えた黄金カードが繰り広げられていたようです。見たかった……。




その後、京都市街で場所をお借りし、メッセージ集め。
f0102665_10485654.jpg
足を止めてメッセージを書いてくれた和服美人は踊りのお師匠さん。京都らしいでしょ。

なおこのときの様子を関西テレビが取材。今日夕方の「スーパーニュースアンカー」で放送される予定です。関西地方の方はぜひご覧ください!


で、我々はテレビカメラの前で颯爽と立ち去る……はずでしたが、jaVanに重大トラブル発生!
なんと後部座席のスライドドアが開け閉めできなくなったのです!!
実は一昨日あたりから、ドアの動きが渋くなっていました。でもたいしたことはないだろうと思いきや、なんとほとんど外れかかっていたのです。

すぐにJAFへ電話。まもなくレッカー車がやってきました。
f0102665_10493177.jpg
思えばjaVanは朝から夜までフル稼働。その間、我々は頻繁に出入りを繰り返していました。そのために金属疲労を起こしたようです。
JAFの方はドアが(かなりの労力を要しますが)きちんと閉まることを確認。ただしその場で修理はできないとのことで、取り急ぎ修理を手配してそのまま走ることにしました。


そして今は、当のjaVanで奈良へ移動中。
ドアはしっかりロックされていますし、車内はウォークスルーなので後部座席にもなんとかたどり着くことはできます。
奈良ではjaVanの塗装を手掛けた大阪のメカニックさんと待ち合わせ。jaVanを預け、修理をお願いします。しかし我々はさらに和歌山県の南紀白浜まで移動しなければなりません。手段は電車か、はたまたレンタカーか……。
ただでさえ長い移動距離、果たしてどうなることやら。
by tomonitatakau | 2006-04-19 10:54 | 京都 | Trackback

Copyright © 1997-2007 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム