ホーム | ブログトップ | サイトマップ
 

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


「共に戦うブログ」はモバイルからも閲覧可能です。


<   2006年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧
【最終回】ジャイアントジャージーよ永遠に!
もうすぐ10月。あの熱戦の日々から、はや3か月が経ちました。2010年に向けた新生サッカー日本代表も始動し、ワールドカップはすっかり遠い昔の出来事となってしまいましたが……。

我々には大きな課題が残っていました。それは

「ジャイアントジャージーをどうするか」

です。ドイツではユースケやユキとさまざまなプランを考えました。どこかに埋めて、日本がワールドカップで優勝したら掘り返そうという「タイムカプセル計画」などは、ロマンがあっていいなぁ……と個人的には思っていたのですが。結局結論が出ないままズルズルと時は過ぎてしまいました。

そこにあるサッカーファンから耳よりな情報がもたらされました。横浜に通称「サッカー神社」があるというのです。
早速調べると、そこは師岡熊野神社。4月に我々一行が参拝した和歌山県・熊野本宮の分社でした。開かれたのは神亀元年(724年)といわれ、1200年以上の歴史があります。
熊野本宮とサッカーのつながりについては、熊野本宮参拝の記事で紹介しました。ここ師岡熊野神社もその流れをくんで、サッカー選手をはじめとする多くのプロスポーツ選手が必勝祈願に訪れるそうです。

というわけで、師岡熊野神社にジャイアントジャージー奉納をご相談したところ、「喜んでお受けします」との返事が!
そこでユースケ・ユキと奉納に行くことにしたのですが……。なんとユースケがまったく音信不通。風の噂によると、気が早い(そしてお金がない)ユースケは、次のワールドカップの開催地・南アフリカへ向かうため、東京湾で貨物船に乗り込んだとか乗り込まなかったとか。
そこで“助っ人”として、現在ジャイアントジャージーを管理してくれているアディダスジャパンのマコトさんが来てくれました。

f0102665_2145666.jpg
師岡熊野神社に到着! 長い石段を36.5kgのジャイアントジャージーを抱えて登ります!!

f0102665_21452031.jpg
本殿内には日本サッカー協会のエンブレムが入った巨大絵馬が飾られていました。ワールドカップ・ドイツ大会に出場した23選手+ジーコ監督の直筆サイン入りです。
そのすぐ前にジャイアントジャージーを飾らせていただくことになりました。

f0102665_21453486.jpg
全開はとても無理なので、エンブレム周辺を飾ろうということになりましたが……。宮司さんにもお手伝いいただいて広げていくものの、一向にエンブレムが現れず。ユキとマコトさんは「もっと下だ」「いや右だ」といいながら、ぐしゃぐしゃになったジャイアントジャージーと格闘していました。
ちなみに今回奉納したのは2枚あるジャイアントジャージーのうち、オーストラリア戦・ブラジル戦の試合前にスタンドで掲げた方。皆さんがテレビや新聞でご覧になったであろう、あのジャイアントジャージーです。

f0102665_21454814.jpg
やっとの思いでエンブレム発見。その他の部分を下に折り畳んで、このように飾らせていただきました。しばらくはこのまま展示される予定です。
なお本殿では結婚式などが行われていますので、土・日・祝日などは見学できない場合があります。「どうしても見たい!」という方は、事前に電話(045-531-0150)で確認したほうがよいかもしれません。宮司さんによると、平日であれば大抵はすぐに見学できるそうです。


というわけで奉納は無事終了。……あれ、もう片方は?

そう、ジャイアントジャージーはもう1枚あるのです。こちらはまだアディダスジャパンが保管中です。
いつか再び日本全国を回り、メッセージを書いてくださったおよそ6万人の皆さんと“再会”が果たせたら……。ちょっと夢のような話ですが、そんなことができたらいいと考えています。

「共に戦うプロジェクト」では日本、そしてドイツでおよそ6万人の方々からメッセージを集めることができました。皆さんとの出会いを通じて、我々もサポーターとして、またひとりの人間として、大きく成長することができました。
我々の“任務”はこれでひとまず終了しましたが、サッカー日本代表はこの世にサッカーがある限り戦い続けます。2010年に再結成……なんてことになったらおもしろいんですが、4年後のことはさすがにわかりません。
ユースケとユキはドイツで「ジャージーおじさん・ジャージーおばさんになっても、こうやってワールドカップを応援しに行けたらいいなぁ」と話していました。彼らも、そして僕も、かたちはどうであれ「共に戦うプロジェクト」で経験した出会い・感動・悔しさを胸に、これからもサッカーを愛し、代表選手たちを応援していくはずです。

メッセージを書いてくださった皆さま、そしてこれまで「共に戦うブログ」をご愛読くださった皆さま、本当にありがとうございました。またどこかのスタジアムでお会いしましょう!


「共に戦うプロジェクト」ジャージーレポーター・タカシより
by tomonitatakau | 2006-09-20 21:46 | 横浜 | Trackback | Comments(33)

Copyright © 1997-2007 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム